その他

意外と知らないFX豆知識

FXの世界では買いポジションを持つことを

「ロング」

売りポジションを持つことを

「ショート」

と言います。

意味をわかっている方は多数いらっしゃると思いますが、
語源については何で?と思う人がほとんどだと思います。

語源には2つの有力な説があります

由来①
ショートはショートセリング(空売り)から来ており、
ロングはショートの逆の意味だからという意味でつけられたという説

由来②
買いは上昇するのに非常に時間がかかることが多いのでロング、
売りは急落することが多く、下落するのに時間がかからないのでショートと
呼ばれるようになったという説

個人的には取引をしていて、非常に納得でき、
トレード時に参考にもなるので、由来②を信じてます

リーマンショックのドル円の急落のときが
良い例です。

みなさんはどちらの由来を信じますか?


  • FX初心者入門ガイド
  • FXで大損した経験のある人へ

大阪FX教室が選ばれる理由

講師が
認定テクニカルアナリスト
(CFTe®)
の資格を保有

講師は日本唯一のテクニカル分析の資格であるテクニカルアナリストを取得し、本物のトレードの知識をお伝えできます。

もっと見る


講師は伝えるプロです

当たり前ですが、「勝ってる」FXスクールの講師は、多数存在します。しかし、実は「ちゃんと教えれる」講師は多くいません。スクールを選ぶときに、意外とこの講師が「ちゃんと教えれる」ことを意識されていない方がほとんどです。勝ってるから、そのまま延長線上で講師になり、感覚的にトレードをしていることが多いので、教わってる生徒さんはなかなか理解まで到達しないことが非常に多いです。
大阪FX教室の講師は大手電機メーカー在籍中にプレゼンテーションの研修を多数受講し、発表の場を多数経験してきた、言わば、「伝えるプロ」です。難しいことも相手にわかりやすく伝えるトレーニングを受けてきたので、質の高いレッスンを受講できます。

もっと見る

月謝制だから
安心して勉強できる

最初に高額のレッスン費用を払い、内容に満足がいかなくてもレッスン料は返ってこない・・・というFXスクールが多い中、大阪FX教室は月謝制を採用しています。
レッスン内容に自信があるからこそ、生徒さんが安心して勉強できる環境を提供しています。

もっと見る